まず速度計測して現状を確認し、どこが遅いかを確認するとよいかと思います。
どこが遅いかわかればそこを準に対応すればよいかなと。

速度計測

PageSpeed Insights~まずはここからGoogle速度計測ツール~

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja
PageSpeed Insights

【これは便利】あなたのWebサイト表示のどこが遅いかを一発で調べるブックマークレット

実際にどこが遅いかを計測するツール
平行して開発ツールのChome NetWorkタブも使うとよいです。
https://webtan.impress.co.jp/e/2013/01/29/14562
ページ速度分析ツール

具体的な対応

不要な読み込みを排除

Chome NetWorkタブなどを使って、読み込みしている404(宛所無し)のファイルを
読み込まないようソース修正をしましょう。

画像圧縮

imagecompressor.com
画質を保ったままに、JPEGやPNGイメージを最小サイズに圧縮する賢いツール

PHPバージョンアップ

特に5.0系以前なら、7.0系にすることで2倍以上早くなることも。
ただ、つかえなくなる関数が出る⇒動かなくなるシステムがある可能性もあります。
アップデート後は必ずシステムの動作チェックをしましょう。

参考

WordPressの高速化〜表示速度を上げる12の技

WordPressの高速化〜表示速度を上げる12の技〜

関連記事

Contactform7と連携できる便利プラグイン

WordPress 便利なPlugin (随時更新)

SEO基礎

LINEで送るボタンのカスタマイズ方法

WordPress はまりどころメモ

LINEスタンプ販売開始しました!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です